U-NEXT 

【無料体験で見られる?】U-NEXTの右上のPがついている作品はどういう意味か解説!

U-NEXTを見ていると右上にPのマークがついている作品がありますよね。

今回はこのPのついている作品はどうやって見られるのか、無料体験を使って見られるのか解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ!
  • U-NEXTを使っている人
  • 右上のPがついている作品を見たい人
  • 無料体験を使ってPがついた作品を見たい人

 

1.Pのマークはどういう意味?

U-NEXTを使っていると作品にPのマークが付いている場合があります。

これはポイントを使って見る作品という意味のPです。

通常U-NEXTでは月額2189円を払うことで200000本以上の作品が見放題になっています。

しかし、中には見放題作品の中に入っていない追加料金を支払わないと見られない作品があります。

これがポイント作品です。

追加料金を支払わないといけないと書きましたが、厳密には追加料金を支払わなくても見る方法があるので、後ほど解説します。

どんな作品にPが付いているの?

U-NEXTにPがついている作品は基本的に公開から間もない新作や人気作品やU-NEXTでしか見られない作品などです。

例えば「コンフィデンスマンJP英雄編」はポイント作品です。

右下に青いPのマークが付いています。

こちらの作品は2022年に劇場公開された作品で、見放題サービスではなかなか配信されていません。

しかし、U-NEXTではU-NEXTで貰えるポイントを使うことで見ることができます。

視聴するために必要なポイントは作品によって異なりますが「コンフィデンスマンJP英雄編」の場合は399ポイントです。

1円=1ポイントなので、399円で視聴可能です。

映画館で見ているわけではないので、臨場感はかけてしまいますが映画館で見ると1500円~2000円くらいすると思います。

U-NEXTで見れば400円以下で見られるのでとても安いです。

ポイントは作品によってバラバラ

 

見るために必要なポイントは作品によってバラバラです。

例えばアニメ「継母の連れ子が元カノだった」は220ポイントで見ることができます。

特にジャンルによって必要なポイントが決まっているわけではないです。

洋画の「ファンタスティックビースト」も399ポイントで見られます。

399ポイントの価格帯が一番多い印象です。

アニメ、ドラマ、映画の3ジャンルで比べると映画が一番高い印象です。

孤狼の血を映画化した「死刑にいたる病」は880ポイントなので高めです。

しかしU-NEXT全体で見ると一番高いのはLIVEです。

例えばRIZINは5000ポイントが必要です。

映画等に比べると高いと感じますが、他の配信サービスでもこれくらいの値段がします。

リアルタイムで見られるのはもちろん、見逃し配信も行っているのが嬉しいですね!

視聴期限は3日間の作品が多い

U-NEXTでPのマークがついている場合、レンタル作品とポイント作品の2種類あります。

レンタル作品はポイントを支払った後一定期間視聴可能です。

購入する際にレンタルの期間が書いてあるので安心です。

実際にU-NEXTの公式サイトから調べてみたところ、レンタルではなく視聴期限のない購入する作品もあるらしいのですが、こちらの作品は見つかりませんでした。

ポイントを使って見る作品はほぼ視聴期限が72時間(3日間)と思って大丈夫です。

2.無料体験を使って見られる?

Pのマークがポイント作品だということは分かりましたが、これらの作品はどうやって見れば良いのか解説します。

この記事を見ている人はU-NEXTを既に使っている人とこれからU-NEXTを使おうとしている人のどちらもいると思いますので、まず無料体験を使って使ってPのマークの作品が見られるのか解説します。

既にU-NEXTを使っている場合も、無料体験で見る方法と変わらないので一緒なのでまとめて紹介します。

 Pのついた作品も無料体験を使って視聴可能

U-NEXTをまだ使っていない方で見たい作品がPのマークがついている場合は、無料体験を使って視聴可能です。

Pのマークがついたポイント作品を見る場合はU-NEXTのポイントが必要です。

ポイントはU-NEXTから貰うか、購入するかの2種類で獲得できます。

そして、U-NEXTの無料体験をするとU-NEXTのポイントが600ポイント貰えます。

そのため、U-NEXTの無料体験を使えば200000本以上の作品が見放題になると共に、ポイント作品が見られます。

無料体験期間は31日間あり、いつでも解約が可能です。

無料体験期間の31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

僕も実際にU-NEXTの無料体験を使い、無料体験中に解約しましたが料金は一切かかりませんでした。

無料体験で解約すれば料金がかからないことは公式サイトにも明記されているのでご安心ください。

無料体験の登録ページはこちらから繋がります。

U-NEXTの無料体験はこちら

 

ポイントが足りなくなった場合

無料体験では600ポイント、通常会員になると毎月1200ポイント貰うことができます。

もし保有しているポイントを使い切ってしまい、それでもポイント作品が見たくなった場合はポイントを現金で買うことができます。

ポイントの値段一覧

 

U-NEXTのポイントは1円=1ポイントで購入可能です。

値段も100円という小さな額から5000円まで様々な値段で販売されているので自分の状況に合わせて買うことができます。

ポイントはキャリア決済でも支払うことができます。

  • d払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • 楽天ペイ

大体のキャリアに対応しているのでキャリア決済で支払いたい方もご安心ください。

3.U-NEXTは本当におすすめのサービス

U-NEXTは数ある動画配信サービスの中でもとてもおすすめのサービスです。

毎月1200ポイント貰えるので、劇場公開から間もない作品や人気漫画を見られるので毎月1200円貰える感覚です。

ちなみに漫画はワンピースや呪術廻戦といった漫画の最前線を走る漫画がラインナップされているので、見たいと思っている漫画が全て揃っていると思います。

動画に関しては国内最大級のサービスで200000本以上が見放題です。

ジャンルもドラマ、アニメ、映画問わず配信されているので男女性別問わず楽しめるサービスです。

月額2189円かかるのがネックですが、家族みんなでU-NEXTを共有したり、無料体験だけ使うととてもお得なサービスです。

実質1000円で利用できるサービス

U-NEXTは月額2189円かかりますが、毎月1200ポイント貰えます。

そのため、ポイントを上手く使えば1000円ほどで動画が見放題になります。

2189円-1200円=989円(実質の月額料金)

実質989円で200000本以上の作品が見放題になりますが、これは他の配信サービスと比べると圧倒的なコスパの良さです。

作品数の多さで比べるとHuluが70000本ほど見放題作品数があります。

HuluはU-NEXTに比べて日テレ系のドラマ、バラエティ番組や海外作品が多く配信されています。

月額1026円で70000本なので、U-NEXTの実質のコスパと比べた場合U-NEXTの方がお得です。

 

U-NEXTの無料体験はこちら

4.まとめ

今回はU-NEXTのPのマークがついている作品について解説しました。

こちらはポイントを使って見る作品という意味です。

無料体験で600ポイント貰えるので無料体験を使って見ることも可能です。

まだU-NEXTを使ったことのない方はぜひ無料体験を使って見ちゃいましょう!